小咄


=江戸の小話

独り者で貧乏な医者がいた。

さる大店から呼びにきたので、しめしめ、と大喜び。

一人で行くのは、まずいと思い、

隣に住む与太郎を、お供にたのんだ。

「たっぷり礼はするからな。」

「まぁ、たのまぁ。」

「これ、与太郎。お前のなりは、あまりにもひどいな。」

「そんなにかぁ?」

「医者のお供としては誠に恥ずかしい、このバカヤロ!」

与太郎は、腰の汚い手ぬぐいを取って、頬かぶりした。

「これでいいだろ、さあ、どうでぇ。」

「その頬被りは、いったい何なのだ?」

「これでおめぇの供とは、見えめぇ!」

「...


<小話・笑話・小咄・98>


江戸の風景
川越祭りより 可愛いお多福さん

v37.png

テーマ : お笑いネタ
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なはは、本末転倒になりましたね。
違う人を捜さないとね。

No title

あはは、お医者さんごっこ?
それはイヤだよね。

No title

これじゃ、もトモこも ないですニャ^m^;

こんばんはです。^±^ノ

うわうわ、さすが与太郎さん。^±^
余計に目立っちゃいましたよね。^±^;

No title

cheerupさん

そうかも知れませんね。

No title

花魁さん

もう、死語かも知れませんね。

No title

にゃあもさん

もともですか。この与太郎君はまトモじゃないですね。

No title

てくっぺさん

そうかも知れませんね。
プロフィール

jizosmile

Author:jizosmile

毎日福笑。

最新記事
最新コメント
訪問者
いらっしゃい!
置き手紙
後ほど訪問致します。
UQ
BIGLOBE キャッシュバック
月別アーカイブ
リンク
アフィリ以外の相互リンク歓迎。
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR