小咄


=江戸の小話

「おれらは、日々の家業に追われ、来世の事はほっぽり放し。」

「地獄行きかな?」

「そうかもな。さぞや来世はろくな事がないわい。」

「間違いない。」

「せめて、朝晩は念仏の一片も申したいものじゃ。」

「しになさい、あ、間違えた、そうしなさい。」

「それにくらべ、お前様はお堂で常念仏。」

「からい、いや辛いものですぞ。」

「さぞや、極楽行きだな。何と羨ましい。」

「下らない事を言うものだな。」

「どうして、そんな事をいわっしゃる?」

「毎日毎晩の勤行、それに昼間の念仏修行。」

「全く、すごい!」

「わしの今の願いでござるが・・・」

「それ以上の願いなんて・・・」

「死ぬ間際にな、三日ほどな。念仏をな・・・」

「八百万遍も?」

「や、休みたい。飽き飽きじゃ。念仏を唱えずに死にたい!」

「・・・」


<小話・笑話・小咄・101>


江戸の風景
川越 法然さん

v46.png

テーマ : お笑いネタ
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なまぐさ、・・・ならぬ、
ものぐさ坊主だったのですかにゃ~^^;

こんばんはです。^±^ノ

ああ、わかるわかる。
念仏も面倒くさくなったのですね。^±^
あ、からい、とつらい。字が一緒なんですよね(辛い)。^±^;…男はからいよ

No title

なはは、人生何が苦痛か、解らないですね。

No title

人生皮肉に出来てるのかなぁ。

No title

修行がの、足りん。
そうかもね。

No title

アハハ^^
でも最後くらい、ノンビリしたいですよね^^

No title

にゃあもさん

いつも通り、素晴らしい切り返し、参った。

No title

てくっぺさん


あまりに一生懸命やり過ぎると、それが苦痛になります。

No title

cheerupさん

本当に、仰る通りだと思います。

No title

wintetsuさん

何が、幸せか解らないですね。

No title

花魁さん

作者の気持ちを代弁してもらって、アリガトです。

No title

媛さん

最後の時が来るまで、解らないですね。

お疲れさまです!

毎日毎日、明けても暮れても念仏を!・・・
気高くも厳しい日常の修行生活ですね!
せめて死ぬ間際には安らぎを?
修行もしていないのに納得です。(笑)

No title

かなさん

何となく気持はわかりますよね。
プロフィール

jizosmile

Author:jizosmile

毎日福笑。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
訪問者
いらっしゃい!
置き手紙
後ほど訪問致します。
月別アーカイブ
リンク
アフィリ以外の相互リンク歓迎。
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR