小咄


=江戸の小話

丑の刻に、男が神木で何かをしている。

それを神主が聞きつけ、気色悪いとは思いながら、

「こら、神木で、何をしておる。」

「うわっ!ううわっ!ワっ!」

「わッ!何だ、なんだ!」

「真夜中に、急に声をかけるなよ!死ぬかと思った。」

「な、何をしているのだと聞いておるのだ。」

「丑の刻参りだよ。丑の刻なんだから、他に何するんだ!」

「参るのなら、本殿は向こうじゃ。」

「もう、放って置いてくれよ!どっかへ行ってくれ!」

「おいおい、モグサなどで何をするんだ。」

「憎い、見にくいやつを、のろうんだ、決まってるだろ。」

「おいおい神木に灸を据えてどうする。五寸釘だろ、五寸釘。」

「もう、うるさい!呪う男は、ぬか屋なんだよ。」

「・・・」


<小話笑話小咄・108>


江戸の風景
お江戸は某所 神木

v56.png

テーマ : お笑いネタ
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なはな、糠に釘。

No title

お灸はやったことがないが、昔の人が我慢して
汗を流しているのを見た。痛いのかな?

No title

お互いに、不気味だよね。

No title

ヌカりなくやらねばニャ^m^;

No title

cheerupさん

よくご存じで。

No title

wintetsuさん

それは熱いでしょうから、痛いんでしょうね。
子供の頃は灸を据えると言って怒られました。

No title

花魁さん

本当に、不気味でしょうね。月が出なけりゃ真っ暗でした。

No title

にゃあもさん

さすが、上手い!

よく考えました。でも・・・

糠に釘が効かなければどうするか?
この男よく考えました。拍手~!
でもお灸では相手の身体が元気になることも???(笑)

おはようです。^±^ノ

今日はこちらからおはようです。^±^ノ

これはうまいですね。
なるほど、「糠に釘」というわけですか。^±^
オチに、「ぬか」りがないです。^±^

No title

かなさん

仰る通りかも。

No title

てくっぺさん

いや、上手い、美味い、パチパチ。
プロフィール

jizosmile

Author:jizosmile

毎日福笑。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
訪問者
いらっしゃい!
置き手紙
後ほど訪問致します。
月別アーカイブ
リンク
アフィリ以外の相互リンク歓迎。
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR