小咄


=江戸の小咄=

花魁が、嫌な客の席を、切り上げたがっている。

「ああ、お腹が。お腹が本当に痛い・・・イタタ。」

「おお、それは、大変だ。そうだ、良い薬が有るぞ。」

「薬なんか・・・」

客、小判の上に、薬をのせて、出す。

「ほれ、金のお盆に万金丹じゃ。」

「えっ、まんきんたん、顔があかくなりんす。」

花魁、小判を懐へ入れ、薬を飲む。

「ああ、いい薬。なんかこう、草かんむりがとれて、楽に・・・」

「おう、そうか、そうか。効いたか。」

「ありがとうでありんす!」

「おお、それは良かった。じゃ、お盆を返してくれ。」

「・・・今度は頭が・・・」


<小話・笑話・小咄・147>

<江戸の風景>
下町七夕より かっぱ

v96.png

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~♪
三連休の終わりに落ちのいい小話が出ましたね(*^^*ゞ
江戸小話、結構いけてます(^_-)-☆

No title

あはは、なにーっ!お盆を返せとな!
どけち!

こんばんはです。^±^ノ

そこで、花魁にひとこと。^±^ノ
お盆も、頭をぶんどって、さら(皿)っと奪っちゃえばいいや。^±^ノ

「盆-分=皿」。^±^ノ…ほらね

駄々の洒落

花魁、目先のどうだい盛は(花魁岬の灯台守は)

こんばんはです。^±^ノ

再びこんばんはです。^±^ノ

あ、「おいらん」でもうひとつ。^±^
♪おいらんはドラマー、やくざなドラマー・・・φ^±^ノ
お粗末さまでした。^±^;

No title

「裏を返す」の意味忘れちゃった^^;

拍手

No title

なるほど。薬草の草冠を飲み干すと、楽になる。
うん、うまい。

No title

まり姫さん

すみません、よりいっそう努力します。

No title

cheerupさん

ホント、粋じゃないと思います。

No title

てくっぺさん

一瞬考えちゃった。巧い上手い!

No title

夏さん

あはは、なーるほど。

No title

てくっぺさん

あはは、なーるほど。裕次郎さんですか。

No title

媛さん

初回は表面だけの見合いと同じ。花魁は料理にも一切
箸をつけません。その次登楼すると、一応なじみ扱いされます。
それを裏を返すといいます。

No title

花魁さん

僕も一生懸命考えました。

現金~!?

小判の上に万金丹!
せっかく草かんむりが取れてお洒落な口説き?だったのに・・・。
やっぱり無粋客でした。
ア~ア!

No title

かなさん

どっちもどっちかも。
プロフィール

jizosmile

Author:jizosmile

毎日福笑。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
訪問者
いらっしゃい!
置き手紙
後ほど訪問致します。
月別アーカイブ
リンク
アフィリ以外の相互リンク歓迎。
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR