スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小話


=江戸の小咄


殿様、駕籠の戸を開けさせ、家来を呼ぶ。

「これ、作左。町人どもが集まって、何やら番所のようじゃな。」

「はて、さて?」

「何事じゃと申すに!」

「はっ。どうも、自身番のようです。」

「全く、お前の目は竹の節穴か。」

「えっ?殿、どうしてで御座る?」

「地震番ではなく、火番じゃろ!火の見櫓が見えぬのか!」

「と、とのーッ・・・」



小話笑話小咄・159

江戸の風景
江戸博物館 大名駕籠

v112.png

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ワシは鳥ですが、お殿様がかごの鳥では
困りますよね。

No title

僕は、かごの鳥です。
遠くへ、飛べません、あはは。

No title

この殿さまは「さんまは目黒に限る」と言った人と同一人物に違いない(笑

拍手

No title

いやはや。

世間知らずが、うらやましい。

No title

??

有り難うございます。

No title

cheerupさん

仰るとおりです。

No title

wintetsuさん

僕も同じです、とほほ。

No title

媛さん

そうかもしれません。

No title

花魁さん

僕も、そう思います。

プロフィール

jizosmile

Author:jizosmile

毎日福笑。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
訪問者
いらっしゃい!
置き手紙
後ほど訪問致します。
月別アーカイブ
リンク
アフィリ以外の相互リンク歓迎。
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。