小話


=江戸の小咄

遊び人、勝負に負けて、すってんてん。

呪いの言葉をはきはき、銭湯に行く。

途中で、金ピカ大黒様を拾う。

「なんと大黒か?これはいい前兆だな。」

すぐに長屋へ帰り、神棚へ上げ、塩断ち願いをする。

満願の日に、有り金をもって、勝負に行った。

「てめぇのおかげで、着物まで取られた、このヤロ!」

大黒様をどぶに捨て、踏みつけた。

「湯へ行く前に拾ったから、真っ裸は覚悟の上じゃろが。いたた。」

「誰だ?何か言ったか?」

「お前のおかげで、ほれ真っ黒、ホントの大黒になったわい!」

「・・・」

「これからも、黒がつづいて、大黒になる。覚悟しな!」

「えっ?ご・ご・ご・かん・・・べん・を・・・」


小話笑話小咄・189

江戸の風景
我が家の大黒様

大黒天

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんはです。^±^ノ

あはは。本当の大黒様ですね。^±^
しょってるのは男の負けた分の着物だったりして。
「返せ」とかかってこられたらこの金づちでたたくつもりですね。^±^ノ
福袋と打ち出の小づちだってば!(゚Д゚)ノx±x。

大黒様をどぶに捨て、踏みつけた

>湯へ行く前に拾ったから、真っ裸は覚悟の上じゃろが。いたた

〇面白い逆転小話ですね(笑)。
 しかし、大黒様をどぶに捨て、踏みつけた、とは!

No title

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
精密検査に大きな問題がなく昨晩無事に退院してきましたー。
またよろしくお願いします(^_-)-☆

大黒様を大切に!

勝っても負けてもそれは自分。
大黒さまは真っ黒でも大酷でもありません。
たとえ丸裸になっても因幡の白兎のように救ってもらえますよ!
遊び人さん、大黒さんを金色に祀って次のチャンスを待ちましょう!

No title

大黒様をドブに捨て、足で踏みつけるなんて、
そりゃ、人生真っ黒、真っ暗闇でしょう。

こんばんはです。^±^ノ

再びこんばんはです。^±^ノ

そういえば、大黒様の歌もありましたよね。^±^
大きな袋を肩にかけ~♪…φ^±^ノ
これで始まった歌だと思います。^±^

No title

いやはや、触らぬ神に
たたり無し。

No title

うわ!

この大黒さん、いいね。
ちょうだい。
冗談。

No title

てくっぺさん

あはは、そうかも知れません。

No title

ささげさん

本当にそうですね。僕もとんでもないと思います。

No title

まり姫さん

こちらこそ、宜しくお願いします。。

No title

かなさん

仰るとおりです。
遊び人さん、心を入れ替えてもらいたいものです。

No title

cheerupさん

僕もそう思います。

No title

てくっぺさん

僕もその歌覚えています。懐かしい。

No title

wintetsuさん

違った面から見ると、本当にその通りかも。

No title

花魁さん

あはは、差し上げても良いですよ。

おはようです。^±^ノ

またまたおはようです。^±^ノ

大黒様といえば、我が家の近所のお寺にもありました。
たぶん七福神、全員揃ってるかもしれません。
今度、ちゃんと確認してみようかなあ。^±^
プロフィール

jizosmile

Author:jizosmile

毎日福笑。

最新記事
最新コメント
訪問者
いらっしゃい!
置き手紙
後ほど訪問致します。
UQ
BIGLOBE キャッシュバック
月別アーカイブ
リンク
アフィリ以外の相互リンク歓迎。
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR