小話


=江戸の小咄

さる表店の旦那が、美人の下女に心を奪われた。

ある夜、辛抱たまらず夜這いに行く。

真っ暗闇の中を、鼻息荒く、這って行く。

「ごつーん!」

「いたた、誰じゃ、お前は。盗人か?」

「えっ、何?おとっさん?何してんの、こんな所で、いたた。」

「お前が、暗がりの中を、出て行くから、心配で、心配でな。」

「厠。分かる、かわーやっ。」

「本当か?悪い闇に、惑ってないだろな。」

「何、いってんの?」

「むすこの事がいつまでも心配での、わはわは。」

長男、舌打ちしながら、渋々部屋に帰る。

又、鼻息荒く、旦那が行く。

急な階段を上り、ふすまに手をかけようとした。

すでに開いていた。

「なんと、待っている。抜き足、差し足、忍び足と。」

な、なんと、下のむすこの悲鳴。

「ぎゃー!かんべん、かんにん!痛い、放して!」

「お花!早く、灯りもっといで。あんた...いるよね?」

逃げようとする旦那、階段から落ちた。

「親が、親なら、子も不良ムスコ、こらっ!!」

「二度とし...ひゃあ、いたー。」

「ぞ、ぞーっ。しのびあし・・・」

「待て!逃げるな!逃げるとぶっころす!」

「おお神様、おかみさま・・・、大丈夫かな、俺の大切なむすこ。」



小話笑話小咄・192

江戸の風景 東京都現代美術館の象のオブジェ ぞーーー

現代美

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

このポンコツぞうさん。

最高に面白い、ガタ、がたがた、ガタン。

No title

こんにちは。お邪魔します。
一番怖いおかみさま~( *´艸`)
いくつになっても心配なのは・・・・・
皆様ご無事でしたでしょうか~?

あっちのことでしたか

 
心配なむすこ
階段から落ちたらまあ致命傷かもしれませんねえ

こんばんはです。^±^ノ

若き頃、夜の息子は、なかなか元気で。^±^ノ
さらに、朝の息子はもっと元気でした。^±^;
しかるに、今はといえば・・・^±^;

親父も息子も別の息子もダメ!

暗闇で親子とも何してるんだ?・・・
おかみさん、ちゃんと叱ってください!
それに凝りたらもっとしっかりやれ!
えっ!?・・・(笑)



おはようです。^±^ノ

またまたおはようです。^±^ノ

うーむ。
夜這いは…。
やっちゃ、やばい、ですよね。^±^;

No title

このガタガタ象さん。

見に行きたい。

No title

こんにちは~♪
いつもお立ち寄りいただきありがとうございます(*^^)
今日午後3時30分にインターネットの不具合が修復してもらえてつながるようになりました∬´ー`∬ウフ♪
PCもタブレット端末も使用可能になりました(笑)
またよろしくお願いします(^_-)-☆

こんばんはです。^±^ノ再

ところでこの象さんは?^±^
アルミなどで作ったのかな?
とてもうまくできてると思いますよ。^±^ノ
プロフィール

jizosmile

Author:jizosmile

毎日福笑。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
訪問者
いらっしゃい!
置き手紙
後ほど訪問致します。
月別アーカイブ
リンク
アフィリ以外の相互リンク歓迎。
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR