小話


=江戸の小咄

さる金持ちより、百両の持参金付きの女房をもらった。

この女、百両を笠に着てわがままし放題。

友達ども、大変気の毒がって、

「さて、さてそなたはいい人だが・・・」

「だが、どうした?」

「あんな大メガネ、よくもらったな。何かいい事が・・・」

「持参金がな。あれは、目はいいが、大メガネとはなんじゃ?」

「されば、さればな、いっぱい・・・。」

「いっぱい、なんじゃ?」

「大きな鼻にかける。」

「ふ、ふぁくしょいーッ。」

「・・・、に、逃げろ!」



小話笑話小咄・179

江戸の風景 国立科学博物館 チラノザールス

恐竜

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

小話


=江戸の小咄

坊さん、狸を撃とうとしている狩人に出会った。

「獣の殺生は、悪い料簡だ。止めなさい!」

「坊さん、邪魔しないでくれろ!」

「その狸を殺せば、来世はたぬきに生まれ変わるぞ。」

「ええッ!そのウソ、ほんと!」

「何を、訳の分からんことを言っておる。」

「おら、おら沢山殺生してるだ。そんな殺生な!」

「何をしゃれとる。」

「来世は、ヘドロ怪獣か?いやだー!」

不意に鉄砲を坊さんに向け、にやりとした。

「バカな事は止めろ!わしを撃ってどうする?」

「坊さん撃てば、坊さんに生まれ変わる。ありがたや。」

「この、罰当たり!出家は楽じゃないぞ。こんな目にも遭うぞ。」

な、なんと今度は銃口をのぞき込み、にやっと笑った。

「なあ~んだ。おらを撃てば、おらになる?おらおらおら!」

たぬ公、口をぽかーんとあけたまんま。


小話笑話小咄・177

江戸のたぬ公
v125.png

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

小話


=江戸の小咄
 
「この大雪に難儀だろう、暖まって行きな。」

「アリんこが十匹。」

「おっ、小僧、だじゃれか?小僧、幾つになる?」

「あんたのすかべです。」

「すかべとは何だ?」

「とてもくさいです。」

「な、なんだ?おめぇの家は何処だ。」

「寝起きのおならだよ。」

「な、なんだそりゃ?」

「あさくさ。」

「ごほごほ、むせるなぁ。親はどうした。」

「今、したでしょう。」

「なに?」

「即くさい。息災さ。あれ・・?ごほごほ!鼻が曲がるッ!」

「臭い仲だの、小僧さん。お近づきに、もう一ついかが?」

「さよオナラ!スー。」

「ぬぬぬ?参った・・・ドタッ!」




小話笑話小咄・175

江戸の風景 石の仁王さん

v120.png

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

小話


=江戸の小咄

「金という字は、全く良く出来たもんだな。」

「な、なーんでか?」

「くずしては人の主と書く。金は人の主に違わねぇやな。」

「それでも真(楷書)では、人の主とは書かないぞ?」

「はてさて、死ん(真)では、金はおシャカ・・・」

「はあ?」

「おめぇの頭も、おしゃか。」

「・・・」


小話笑話小咄・171


(御礼)
2014年4月ブログ開設以来、昨日、ご訪問数が30万を越えました。
皆様の叱咤激励のおかげです。今後とも宜しくお願いします。
                   jizosmile

Ri_zpdYA.gif

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

小話


=江戸の小咄


幕末の江戸は世の中が物騒になり、

剣術が流行る。

抜け目の無い商人が、木刀を売り歩く。

「木刀や、武藏の木刀はいかが~。」

「おい、おやじ、いくらだ。」

「手前は、売物では有りませぬ。」

「誰が、お前など、買うか?木刀だ!」

「この木刀は、武藏ゆかりのもの。」

「だ・か・ら、いくらだと聞いておる。」

「へい、五百文で。」

「ちと高すぎる。四百にしろ!」

「いいや、掛け値はありませぬ。」

と一旦、木刀を片づけて行くが、気が変わった。

「もうし、木刀を少しまけて上げましょう。」

「いいや、負けた木刀は、いらぬ」

「旦那・・・」


小話笑話小咄・161

江戸の風景
川越祭りより 俵藤太秀郷

v114.png

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

プロフィール

jizosmile

Author:jizosmile

毎日福笑。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
訪問者
いらっしゃい!
置き手紙
後ほど訪問致します。
月別アーカイブ
リンク
アフィリ以外の相互リンク歓迎。
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR